早稲田大学サークル「ワセケット」 活動報告ブログ

ワセケットは「同人文化を100%楽しむ」ことを目標に設立された早稲田大学のサークルです。よろしくお願いします。
早稲田大学サークル「ワセケット」 活動報告ブログ TOP  >  スポンサー広告 >  白石 >  チラシ漫画バックナンバー02

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

チラシ漫画バックナンバー02

ども、こんばんはー。
漫画担当、白石です。


えー、昨日は説明会&新歓お疲れさまでした。
相変わらず今年の新歓は新入生が多くて驚かされますね。
僕はバイトのため、途中退場と相成りましたが大いに盛り上がっていたようで何よりです。


さて、来週からは毎週金曜日に行われているワセケットの定例集会への、新入生受け入れを開始します。

概要は下の通り。


時間 18:30~
場所 早稲田キャンパス15号館ラウンジ
費用 無料


定例集会というのは、要するにワセケットのサークルとしての通常活動のことでして、普段のワセケットの雰囲気がもっともよく知れる場だと思います。
既に新歓でワセケットを訪れたことがある方も未だ訪れたことがない方も、会員一同、心してお待ちしておりますので、どうぞ気軽にお尋ねくださいねー。

ちなみに、その場にて昨日のサークル説明会に都合がつかなかった方へのサークル概要説明なども合わせて行く予定です。
ワセケットのサークル説明を希望する方などいらっしゃいましたら、是非、どーぞ。






そんな感じで、広告はここまで。
続いてチラシ漫画のバックナンバーです。

tirashi_20120415225211.jpg

tirasi03_20120415225209.jpg


最後に、先週に引き続き、チラシ漫画の創作日記は追記の方に書きますので、興味ある方はどーぞ。
ではでは、多くの方の来訪をお待ちしてますー。




tirasi000_20120415225208.jpg
久々にペンタブ使ったら、マジ描きづらい……



はーい、というわけで、どーも。
満員電車で筋肉痛の白石です。
今週も引き続きチラシ漫画制作日記です。
第二話についてです。


「ある雪の日のこと」、なんて書き方をすると、魔法以上のユカイが降ってきそうな気がしなくもない春休みも半ばの豪雪の一日。
わざわざ雪の中、集会なんていきたくねぇよ、と思ったものの、幹事長からイラスト関係の担当者全員集合の召集を受けた僕は、雪の降る早稲田通りをお嬢様を探す美人メイドのママチャリに轢かれたりタイヤキをくわえたうぐぅな少女に後ろから衝突されたりなんてことが一切ないまま、学生会館にまで辿りつき、「これだからリアルなんてクソゲーだ!!」と、どこぞの神様のセリフを口にしつつ、でも、今年こそは僕だけの荻上さんが入学してきてくれるかもしれないのだから、新歓の準備は頑張らなければとか思っていました。
しかし、いざ、会議室に入った僕を待ち受けていたのは糸色先生じゃなくとも、思わず絶望したくなる僕以外の担当者、全員、雪のため欠席という非常な現実。

「たとえ、魂魄百万回生まれ変わろうとも、この恨み、晴らすからなー!!」
と、ターンAのハリー中尉のごとき怒号を発したくなる一方、ぽつりと零す
「私って、ホント馬鹿……」




結局、イラスト担当者、僕以外不在の中、細々と書きつづったネームがこの第二話なのでした。




そんなわけで、最初から最後まで完全に僕の好き勝手にやることになったため、内容的にも僕の趣味全開で描いてます。
と言っても、僅か2頁の漫画では毎回、それほど、小ネタも入れられないわけではありますが、とりあえず、アイマスネタが多いのはそういうことだと思って頂ければ幸いです。



しかし、僅か二頁ながらそんな苦労をしたこの第二話も、個人的にはそこそこ上手く描けたんじゃないかな?かな?と思ったものの、集会で見せたみんなは意外と無反応
努力の末に「…少し頭冷やそうか」と撃ち落とされたティアナの気持ちもこんな感じだったのカナーと若干涙目になりつつ、苦心苦心、ケータイを取り出し、

「…俺だ。どうやらワセケット民に対して、機関のエージェントが洗脳工作を行っているようだ。何?大丈夫かだと?っはは。俺を誰だと思っている。どんな困難なミッションも俺にかかればポッシブルだ。あぁ、それでは、また、連絡する。エル・プサィ・コングルゥ」

と、現実逃避。
このルート進行の感じだとタイガー道場行きも免れないかと覚悟もしましたが、とりあえず、今のとこ、死亡フラグだけは回避しているみたいなのでひとまず安心。
ヒロインの未登場なのに、この難易度とか、どんなクソゲーだよ!?と思いつつも、「次こそは」と思ってしまうのもまた、クソゲーの不思議なところで、なんだかんだで、未だに頑張って描き続けている次第であります。




でも、なんか、新入生に話を聞いたら意外と評価が高いようですね。。
チラシを見て新歓来てくれた方もそこそこいてくれたようですし、僕は決して間違っていたわけでもないようです。
何事も上手く行く時、行かない時、様々ですが、ワセケットだってそんな感じで、普通のサークル同様、いろいろ有りながら回ってるようです。


自分のやりたいことをやるからこそ、楽しいことも辛いことも有るわけで、それこそがサークル活動の醍醐味と言えなくもなくもなくなくない?
けいおんで律っちゃんも言っていた通り、色んなことがあって、人は強くなっていくのだ。
まぁ、なにはともあれ、

「おちこんだりもしたけれど、私はげんきです。」
[ 2012/04/16 02:50 ] 白石 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。